読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうやったら稼げるのか

私は一時期とてもお金が欲しくてアルバイトを3.4つ掛け持ちとかしてる時期がありました。ただ、睡眠時間が全然取れなくて体力的にかなりきびしかったです。睡眠時間が取れないくらいなので、もちろん自分の自由な時間も全然取れず、ストレスもすごくたまりました。そこで感じたのが、時給制のアルバイトでは無理があるということです。そこで私が考えたのは会社とかに雇われず、自分で稼ぐことです。でもいきなりそれを実行するってすごく難しいことでした。だから、私は歩合制のアルバイトを始めました。歩合制とは言っても時給にプラスでもらえるという形です。最低の保証はあるし、自分の努力次第でさらにもらえるのでモチベーションは上がりました。時給がもらえるだけのアルバイトだと正直働いても働かなくても給料が同じなのでサボってやろうっていう気持ちになりましたが、歩合が入るものになってからはやる気がでるようになりました。今は歩合制のアルバイトを続けていますが、徐々に会社に雇われず、自分で稼いでいけるようになろうと考えています。自分で稼げるようになるためには結構いろいろな勉強が必要みたいなので、そういった勉強も頑張っていこうと思います。

両親との関係性

私は高校生のころに、周りの親と自分の親の差に違和感を感じました。ただ、違和感は感じたものの厳しいだけなのかなってそのときは思っていました。でも、親の話をすると友達にそれはおかしいよってほとんどの確率で言われるのです。違和感を感じ始めたのはそのときからです。そう言われても私は一人っ子なのでなんだかんだで親のいうことをすべて信じていました。私は親の言うことが絶対だって親に教わってずっと育ってきていたので、親が絶対だと思ってる部分がありました。今思うと恐ろしいです。親の言う通りにすると人生が上手くいくと思っていました。でも冷静になって考えると親も1人の人間だから間違うこともあります。さらに、1人の人間のいうことを聞いたからって人生が全部うまくいくようになるはずもありません。そういうことに気づいてからは、親に自分の意見を言うようにしたんです。すると、親とすごく喧嘩になり、生活費も払ってくれなくなりました。そのとき未成年なのに。たいていの親は子供の意見をある程度聞いてくれるみたいなので、言いづらいことも1度両親に相談してみることで解決策が見えてくるかもしれません。なんといったって、ずっと育ててきてくれた人なのですから。

無駄遣いを有意義に

私は今まで無駄遣いをたくさんしてきました。人によってどこからが無駄遣いかという基準は違うでしょう。私は既にあるものをもう1度買うというようなことが1番の無駄遣いだと思います。自分の好きなことに使いすぎたときに無駄遣いしたという人がいますが、それは私は無駄遣いではないと思います。好きなことにお金を使うことで楽しめているのですから。無駄遣いというのはそこにお金を使って後悔してしまうときだと思います。例えば、既にあるものをもう1度買うということは特に楽しみを買っているわけではなく、むしろ買わなければよかったと後悔してしまいますね。大袈裟かも知れませんが、これは片付けができてなくて、時間に余裕がない証拠だと考えます。同じものをもう1度買うのは忘れ物をしたときか、あること自体忘れていたかのどちらかだと思います。これらの状況を作り出さなければ基本的にこういう形の無駄遣いはなくなります。片付けがきちんとできていれば家になにがあるかは把握できるだろうし、時間に余裕があれば忘れ物を確認する余裕もできます。整頓された余裕のある生活を送れば無駄遣いを減らせるのです。無駄遣いを自分の好きなことに使えるようになりたいですね。

仕事の速さとは?

同じ仕事をするにも速い人と遅い人がいます。この違いは何なのだろうと自分なりに考えてみました。1回にいくつものことをやる人はもちろん仕事が早いです。ただ、人間の脳自体が1回にいくつものことを同時にこなすのはなかなか難しいようです。だから、そのように仕事をこなしている人は同時にこなしているように見えますが、一つ一つこなしているのではないかと思います。さらに、ある仕事から次の仕事に移るのが早いのだと思います。無駄な時間を使わないということです。自分の目の前の仕事に集中してすぐ切り替えて次の仕事、という作業を繰り返していけば早く仕事を終えることができます。おそらく仕事の早い人はこうしてるのではないかと私は思います。ただ、ずっと集中するということはなかなか難しいことです。だから、いくつか仕事を終えたら適度に休憩をすることが大切だと思います。無駄な時間を減らせば仕事を早く終わらせることができて、自分の自由な時間を増やすことができます。ずっとだらだら仕事を続けていても仕方が無いので、早く仕事を終わらせたら自由な時間が増える!と考えながら、できるだけ集中してこれから仕事に取り組んでいこうと思いました。

自分らしい生活習慣

私は毎朝しっかりと朝ごはんを食べます。寝坊しても、なんとしてでも朝ごはんは食べてから行きます。ごくまれに、朝ごはんを食べる暇もなく学校や仕事に行くことがあります。そのときはお腹がすいてすいて全く集中できないんです。お腹がすいているだけではなくやっぱりテレビとかでも言うように頭の働きも鈍くなるのかな?とは思いました。ただ、私みたいな人もいる中で朝ごはんを元から食べないという人たちもいます。私は朝ごはんを食べてない人が食べる人より頭が働いてないようには見えません。正直朝ごはんを食べる、食べないというのはその人の習慣なのではないかなと感じます。普段から食べている人が食べなかったら具合が悪かったりして、普段から食べていない人がいきなり食べようとすると食べれない、気分が悪いといったことなのではないかと私は思っています。何も朝ごはんだけに限らず、自分なりの生活習慣を守ることで、健康的な生活が送れると私は考えています。一般的に健康的と言われているものが必ずしも自分に合うとは限らないような気がします。だからこれからは自分に合う生活習慣を見つけていって、自分なりの生活習慣を毎日実行していこうと思います。

自分らしさ

私はやることをどんどん自分で増やしてしまって、常に落ち着きがないタイプです。落ち着いたら上手くいくことも多々あるんでしょうけど、落ち着いて色々こなすと、最終的に時間に追われて終わらなくなってしまうんです。直したいなあって何回も思っているんですが、やることがなかったらなかったで自らやることを増やすから、直らないんですね。しかも、やることがないことに落ち着かなくなってくるのです。やることを増やすことを一時期やめたんですがそれはそれで充実感がなかったので、向いてないんだなと気づきました。私は落ち着きのない自分が嫌いで直そうとしてますが、周りからはたくさんのことをこなせていいな、というようなことを言われます。だから、自分で欠点だと思っていても他の人から見るとむしろ良いところだったりすることもあるんだなあって勉強になりました。正直自分の落ち着きのないところは直せるとは思えないので、このままでいいかなあと最近は思っています。おそらくこれが私なのです。ただ、ある程度物事を取り組むときには計画を立てて、本当にギリギリになってから終わらせるということはないようにしたいです。自分らしさを大切にこれからも頑張っていこうと思います。

本当の恋愛

私は今の彼氏ができるまでは私はまともに付き合えてたことがなくて、結婚なんて永遠にできないなーとか考えてました。まともに付き合えてないっていうのは長続きした、しなかったの問題じゃないです。恋愛向いてないのかなって何度も考えてました。私は元から人に素を出すことがすっごい苦手なんです。自分の素直な気持ちを言って嫌われたらどうしようとか余計なことばかり考えてしまって、素直になれないんですね。今の彼氏に出会って変わったことはすごいなんでも受け入れてくれる人なので、素を出せるんです。付き合うってこういうことなのかなと思いました。正直、初めて付き合ったみたいな気持ちで今、恋愛しています。よくよく考えると自分の本当の姿を見せて離れてしまう男性なんてそれまでだと思います。だから言いづらいことも多々あるとは思うけど勇気をだして相手に言ってみてください。自分が思ってる以上に相手は気にしないかもしれません。冷静に考えると人の考え方なんてそれぞれだから、自分がどんなに嫌だと感じてもほかの人はそこまで思ってないこともあると思います。これからは恋愛に、相手に素直な気持ちをぶつけてまっすぐ相手に向き合いたいと思います。