読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無駄遣いを有意義に

私は今まで無駄遣いをたくさんしてきました。人によってどこからが無駄遣いかという基準は違うでしょう。私は既にあるものをもう1度買うというようなことが1番の無駄遣いだと思います。自分の好きなことに使いすぎたときに無駄遣いしたという人がいますが、それは私は無駄遣いではないと思います。好きなことにお金を使うことで楽しめているのですから。無駄遣いというのはそこにお金を使って後悔してしまうときだと思います。例えば、既にあるものをもう1度買うということは特に楽しみを買っているわけではなく、むしろ買わなければよかったと後悔してしまいますね。大袈裟かも知れませんが、これは片付けができてなくて、時間に余裕がない証拠だと考えます。同じものをもう1度買うのは忘れ物をしたときか、あること自体忘れていたかのどちらかだと思います。これらの状況を作り出さなければ基本的にこういう形の無駄遣いはなくなります。片付けがきちんとできていれば家になにがあるかは把握できるだろうし、時間に余裕があれば忘れ物を確認する余裕もできます。整頓された余裕のある生活を送れば無駄遣いを減らせるのです。無駄遣いを自分の好きなことに使えるようになりたいですね。